バイクに乗ってコンビニへいこう

バイクに乗ってると強く確信するんだけど、バイクとはこの世で最もキツい部類の合法ドラッグである。
スクーターとかクルーザーとかファッションバイクなんかだとそういうことあまり感じないかもしれないけど、そのほかの、バイク乗らない人から見てオタクが乗りそうな形のバイクに乗っていると、脳のドーパミンの出方がやばいのが、自分でもすごく感じられる。合法で得られるほかのドラッグのどれよりも。

私が知ってる合法ドラッグはいろいろあって、お酒、タバコなどの嗜好品、パチンコなどの替玉遊技、競輪競馬競艇などの公営ギャンブル、ネットゲーム、ソーシャルゲーム、あたりがぱっと思いつく限り。パチンコやギャンブルはやったことないけど、それ以外はどれもそれなりに依存した体験があって、とくに酒とタバコはつい最近までやめられなかった。
あと、砂糖や油もドーパミンよく出るよね。食品を合法ドラッグと呼ぶのは、ちょっと違うもと思うけど、あとで話を進めるためにここでは砂糖と油も合法ドラッグということにしておこう。

で、バイクの話しにもどるけど、バイクに乗ってるとどの合法ドラッグよりもドーパミンが分泌してる感じがする。
だからこう信じているのだ。バイクは最もキツい合法ドラッグであると。
驚きだ。今まで、私を含めたほとんどみんな、バイクは交通手段だと思っていたのに。

確かに、バイクはクルマの下位互換にあたる交通手段として使われてきたし、そういうふうに世の中は発展してきた。
だから、経済的な理由などでクルマは持てないけどさしあたって最低限エンジンの付いた移動手段が欲しいという層に向けて、バイクは売られてきたし、そういうふうに使われてきたし、法律もそういう体で整備されてきた。

だから、ほとんどの人は知らないのだろう。
この世で最もキツいドラッグを、合法で、しかも免許までもらって税金で整備された公道を使って、白昼堂々とキメることができて、各種保険まで用意されていて、購入から運用にかかる費用は仕事の経費として計上できる、バイクという笑えるくらい面白いドラッグの正体を。

バイクに乗ってない人はもちろん、バイクに乗っている人でもこのことは知らない人が多いと思う。
この段落は、退屈なら読み飛ばしてもいいんだけど、書かなくても当然のことをいちおう書いておくと、私はバイクによる違法行為や暴走行為を推奨しているわけではない。
バイクの楽しみ方や尊法精神の大切さはこの話しでの本質とは関係ないのであまり詳しくは触れたくないが、バイクという合法ドラッグの効き目は、人が思っているよりもずっと、交通ルールやマナーをしっかり守った状態でも、むしろ守ったほうがより強く、楽しむことが出来る。
あと、この記事で言うドラッグとは、広義の薬の意味で使っていなくて、ある種の依存症のある行為を示しているが、合法ドラッグには効き目や依存度の強さ、禁断症状の強さなどをわけて考えないといけないけど、それもこの記事では詳しい説明を省いている。詳しくは酒や煙草の話しのときに書きたいが、バイクは依存度や禁断症状のリスクはほとんど無く強い効き目だけを感じることができる。
書かなくてもいいんだけどいちおう書いておく段落は、ここまでで終わり。

話を戻そう。
そんなふうに色んなことを考えながらバイクに乗っていると、ふと気がついたんだが、ほとんどの合法ドラッグはコンビニで買えるのにバイクだけはコンビニで扱っていない。
いや。
逆に言ったほうが正しい。
コンビニは合法ドラッグ売り場だということに気がついた。

24時間いつでも開いてて、気が向けば簡単にドーパミンが出る依存性のあるものが手に入る。
ネトゲやってて課金がきれたんでフレ待たせてコンビニに走る。
店内入ってまず向かうはネトゲやソシャゲのプリペイドカード売り場。
ついでに大量の酒。そしてタバコ。
砂糖たっぷりのお菓子と油でコーティングされたお弁当。

小さいころ、自分がどんな子供だったかもう忘れたし、どんな大人になりたかったかも忘れてしまった。
少なくとも犯罪者にはなってないからこれでいいやとも思う。
否。
これでいいのかと思うことすらないから、これでいいやという結論を出すまでに至らない。
忘れたのか、考えなくなったのか。
どうなんだろう。

「便利さの奴隷になってはいけない」
母にそう強く教えられた。
その考え方を、小さいころ、若いころはよくわかっていなくて、反発すらしたことがあるけど今ならなんとなくわかる。

コンビニで売ってあるのは、便利さであって豊かさではないんだな、そうだこれこんどブログに書こう、と思いながら国道735号線を日常から逃げるように南下するバイクのアクセルをひねった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です